注文住宅は審美性よりも動線や使い勝手を考慮したユニバーサルデザインを採用しよう

注文住宅を建てるなら、見た目にこだわりたいと考えている方もいることでしょう。これから長く暮らす可能性の高い家だからこそ、見た目にもこだわって満足度の高い注文住宅を完成させることは大切です。しかし見た目にばかりこだわってしまうと、生活しにくい空間となってしまう可能性がありますので注意しましょう。

実際の注文住宅において大切なポイントの1つが、審美性よりも動線や使い勝手を考慮するという点です。審美性にこだわって作ったとしても、動線が悪いと家事がしにくく不便と感じる可能性があります。また見た目は良くても手入れがしにくいと、最初は満足度の高い空間でも、時が経つにつれて不満の方が大きくなるかもしれません。こだわった審美性の部分が不満に変わることのないように、動線や使い勝手を優先することが大切です。

では動線や使い勝手を考える場合には、どのような点に注目したら良いのでしょうか。ポイントの1つは、ユニバーサルデザインを採用するという点です。そもそもユニバーサルデザインの住宅は、年齢の違いなどに関わらず、どのような方でも快適に生活ができる住宅のことを指します。具体的にはどのような工夫で快適な生活を実現しているのか確認しながら、注文住宅について考えていきましょう。

ユニバーサルデザインを取り入れた住宅の例の1つが、階段に手すりをつけて勾配を緩やかにすることです。階段に手すりが付いているだけで、転倒を防ぎ安全に上り下りがしやすくなります。そして階段の勾配が緩やかであれば、荷物を持っている場合の移動の負担も減らせます。2階のベランダに洗濯物を干したい場合、洗濯物の量が多いと階段の手すりがなかったり勾配が急であったりすると移動の負担が増えてしまうでしょう。毎日の家事の負担を減らすためにも、動線となる階段にこだわることは大切です。

また使い勝手を考えるのであれば、廊下の段差をなくすことやスペースを広く取ることも必要です。部屋の入口と廊下の間に段差があると、つまずいてケガをするリスクがあります。また審美性にこだわっておしゃれな床にするのではなく、滑りやすく使い勝手の良い床材を採用することも大切です。

この他にも、動線や使い勝手にこだわったユニバーサルデザインには、さまざまな例が存在しています。実際にどのような点にこだわることができるのかを1つずつ確認し、快適な暮らしができる注文住宅を目指しましょう。何より長く暮らすことを考えて、より良い家つくりを実現させることが大切です。

住宅展示場に行く前に準備すべきポイント

住宅展示場に何も考えずに行ってしまうと、得るものが少なく無駄な時間を過ごしたと感じてしまうかもしれません。有意義な時間の使い方をするためにも、事前にどのような準備が必要になるのか整理しておきましょう。

事前の準備で大切なポイントの1つが、住宅展示場へ行く前に、家族で話し合っておくことです。実際の展示場では、さまざまな最新のグレードの高い設備が設置されています。グレードの高い設備は機能が優れているものの、価格も高くなってしまいます。何の計画も決まっていない段階で機能の高い設備を目にしてしまうと、予算を無視して理想だけが高くなる可能性があるのです。計画を立てる前から理想を高くしてしまわないためにも、まずは予算などの点を家族で事前に話し合っておきましょう。

住宅展示場へ行く前の準備として、どのような順番でモデルハウスを見るか計画を立てておくことも大切です。住宅展示場には多くのモデルハウスがありますので、1日ですべてを見ることは難しくなります。ハウスメーカーごとにじっくりと話を聞いていると、2~3社のモデルハウスを見るだけで時間が足りなくなってしまいます。行ってから訪れるところを決めるのではなく、最低限見たいモデルハウスを絞っておくことが、効率良く時間を使うことにつながりますのでおすすめです。

また住宅展示場では、どのようなポイントを確認したいのか事前に整理しておくことが欠かせません。家つくりを計画している場合、何を優先したいのかという点は人によって異なります。費用や間取り、設備に関することなど、こだわりたいポイントがあるでしょう。こだわりたいポイントを満たすハウスメーカーを見つけるためにも、事前にどのような点にこだわりたいのか整理しておく必要があります。

複数のモデルハウスを見たい場合には、チェックポイントを作っておくことも良い方法です。チェックポイントで同じところを確認することは、ハウスメーカーごとに特徴をつかむことにつながります。また担当者と実際に話すときには、同じ質問をしてみましょう。同じ質問に対する対応から、相性の良いハウスメーカーかどうか判断できます。

住宅展示場へ行く前の準備では、荷物の確認も欠かせません。モデルハウスでメモを取っておくと、帰宅してからどのようなところだったか思い返しやすくなります。そこでメモ帳と筆記用具も荷物に入れておきましょう。メモ帳と筆記用具は、立ったままでもメモがしやすいものを選ぶことが大切です。

【新築住宅】建てる際の断熱材の種類と選び方

新築住宅を建てるときにチェックすべき点の1つが、断熱材です。家の中の空気を逃さないために必要な断熱材があることが、冬場に暖かな空気を家の中に留めて快適に暮らすことにつながります。ここでポイントとなることが、住宅に使われる断熱材にはどのような種類があるのかという点です。種類ごとの特徴を押さえることで、どのような基準で選べばよいのか考えやすくなります。

多く使われている断熱材の種類の1つが無機繊維系のグラスウールです。グラスウールは広く普及していて、燃えにくく防音効果も期待できるという特徴があります。そして安く普及しているものですので、住宅にかかる費用を抑えたいという方には適した選択肢です。ただし湿気対策が必要というデメリットも考慮して選ぶかどうか検討しましょう。

また木質繊維系の断熱材の1つであるセルロースファイバーは、防音効果の他に結露を防ぎやすいというメリットがあります。結露の掃除が面倒という方に適しています。しかしメリットがある一方で、セルロースファイバーは価格が高いので、トータルの費用を抑えたいという方は注意が必要です。

天然素材にこだわりたい方は、羊毛や炭化コルクを選ぶことも1つの手です。羊毛は防虫効果が高く断熱性に優れ、調湿力があるなど優れた点がいくつか存在しています。ただ選ぶメリットはあるものの、対応業者が少なく価格が高いという注意点が挙げられます。また炭化コルクも価格が高いという注意点はありますが、防虫効果が高く吸音性にも優れた素材です。

断熱材の種類には、発泡プラスチック系のものもいくつか見られます。例えばポリスチレンフォームの場合には、結露を防ぎやすく施工しやすいというメリットがありますが、熱に弱いということがデメリットです。他にも硬質ウレタンフォームは、断熱性に優れていますが、燃えると有毒ガスが発生する、価格が高いというデメリットもあります。

このように断熱材の種類を考えてみると、さまざまな選択肢があることがわかります。実際に選ぶときにポイントとなることが、断熱材に何を求めるのかを整理するという点です。安さを優先して選びたいのか、断熱性の高さや防音性などの機能面を考慮して選びたいのかという点などは人によって異なります。自分が何を優先して選びたいのかを整理しながら検討していきましょう。また費用面に関しては、実際に見積もりを出してもらった上で、予算と比較して検討していくことも大切です。

高い?安い桧家住宅の価格と特徴は?

新築の白い一軒家

桧家住宅における特徴の1つが、比較的安い価格で住宅を購入することが可能という点です。一般的なハウスメーカーの平均坪単価は70万円以上であることに対して、桧家住宅では40万円台~60万円台という低価格を実現しています。

平均より坪単価が安いと聞くと、安心して暮らせる家つくりが行われているのか不安になる方もいることでしょう。そこで価格だけで考えるのではなく、どのような特徴を持っているのかを調べることは大切です。実際に桧家住宅が低価格で提供しているプランの1つは、29坪が1,300万円ほどという長期優良住宅です。長期優良住宅という名前からもわかる通り、低価格でありながら長く安心して暮らせる家つくりを目指しています。

では桧家住宅における長期優良住宅には、どのような特徴があるのでしょうか。低価格ということで、ターゲットとしているのは比較的若い世帯です。若い世帯の場合、ライフスタイルが世帯ごとに大きく異なっていることが特徴です。そのためライフスタイルに合わせて希望を聞きながら最適な設計を実現できるプランになっています。また耐久性や耐震性、省エネなどの要素も組み込まれているため長く安心して住める家つくりができます。スタイリッシュなデザインで低価格を実現している点も、若い世代からも評価を集めている理由です。

また低価格を実現できる理由には、年間3,000棟を超える建築実績も関わっています。多くの実績があることで、宣伝にお金をかけなくても、その評判で知名度を高められます。宣伝に余計なお金を使わない分、安い価格で住宅を提供することも可能になりました。もちろん職人の高い技術力があるからこそ、口コミでも評価を高めやすいということも桧家住宅における特徴の1つです。

安いだけではなく、高い技術力がある点も評価を集めています。特許を取得した冷暖システムによって、家の中で快適に過ごしやすくなっており、季節を問わず快適な環境で暮らせることが、桧家住宅を選ぶ決め手になったというケースも見られます。

このように桧家住宅には、さまざまな特徴がありますので、桧家住宅を利用するかどうか迷っているのであれば、実際に利用した方の評判も含めて判断することも良い方法です。特に低価格でも安心して暮らせるかどうかが心配な方は、実際に暮らしている方の意見から、どのような暮らしが実現できそうかイメージすることも良い参考になるでしょう。利用した方の評判には、安くて快適な暮らしができていることを評価する意見が多くなっています。

無印良品の家の口コミ・評判を徹底調査

並んだ3つの家のミニチュア

無印良品の家に興味を持っているものの、購入するかどうか迷っているという方もいるでしょう。判断に迷っている場合には、実際に暮らしている方の評判を参考にすることも1つの方法です。暮らしている方ならではの評判を参考にすることで、どのような暮らしが実現できるのかを具体的にイメージすれば、購入するかどうか判断しやすくなります。

無印良品の家の評判として多い意見の1つが、シンプルで暮らしやすいという声です。シンプルな家だからこそ、飽きずに長く暮らせるという点を評価している方も多くいます。そしてシンプルさの中に、快適な過ごしやすさが備わっている点を評価している方が多いことも特徴の1つです。地震で揺れを感じにくい点や、冬場はエアコンで部屋の中が暖まりやすいなど、快適な暮らしを実現するための工夫が多い点も人気を集めている理由です。

また機能的な家という評判が多くなっています。広い間取りで仕切りが少ない分、開放的で自分たちの好きなように空間を使える点にメリットを感じているケースも見られます。仕切りが欲しいときは家具の配置を変更するなど、自由度の高い暮らしができることも特徴の1つです。最初から仕切りがある家を購入する方もいますが、仕切りを1度作ってしまうと、模様替えをしたいときに大規模なリフォームが必要です。大規模なリフォームをせず、家具の配置だけで好きな空間を作れる機能面に高い評価が集まっています。

そして住宅の暮らしやすさ以外にも、無印良品の家のスタッフの対応を評価している声も多くありました。営業の方や設計の方が相談に真摯に乗ってくれたため、信頼して任せられたという評判もあります。知名度が高い会社で安心して任せられただけではなく、保険やアフターサービスが充実していた点が優れていると判断した方もいます。

さらに無印良品の家では複数の家の種類を用意することで、こだわりや土地の広さに合わせて家を建てられることも評価されている点です。自然を感じることができる内装にしたいのであれば木の家、土地が狭いなら縦の家というふうに選択をして、土地に合わせた家つくりができます。

実際に無印良品の家を利用した方の評判には、さまざまな意見が見られます。シンプルな家を良いと感じる方もいれば、自分には合わないと感じる方もいるでしょう。家つくりをした方の評判などを参考にしながら、無印良品の家を利用して自分に合った家つくりができそうか考えて選択することが大切です。

無印良品の家は高いの?特徴含めて解説

一軒家のミニチュア

無印良品の家に興味を持っている方が気になることの1つが、相場と比較して高いのかそれとも安いのかという点です。実際の価格について考えてみるためには、まず平均坪単価を把握することが大切です。

そもそも無印良品の家には、4つの種類があります。そして家の種類ごとに、平均坪単価には違いがありますので、その違いも含めて考えていきましょう。一番安いプランである陽の家の平均坪単価は、50万~70万円になります。一方で縦の家の場合には、70万~90万円が平均坪単価です。

では、一般的な住宅メーカーにおける坪単価はどのくらいなのでしょうか。大手メーカーの場合には、平均坪単価は70万円~となります。つまり大手メーカーと比較した場合、無印良品の家であれば相場に近い価格で家を建てられます。特に陽の家を選択した場合は、相場より安く家を建てることが可能という点を押さえておきましょう。

また坪単価だけで考えると、実際にどのくらいの金額か具体的なイメージがしにくいという方もいます。そのような場合であれば、標準モデルの家にどのくらいの費用がかかるのかについて検討していく方法も1つの手です。

無印良品の家の標準モデルにおける価格は、木の家なら1,700万円台で、陽の場合には1,500万円台になります。一般的な住宅の場合は2,000万円台のケースが多いことを考えると、種類によっては相場より500万円近く安く抑えることが可能になります。

また相場より安く暮らせると言われると、特徴などの面に問題があるのではと考える方もいるかもしれません。ですが無印良品の家の特徴から考えた場合、コストパフォーマンスの高い家と判断できます。コストパフォーマンスが高いと判断できる理由の1つが、耐震性の高さと構造の丈夫さです。耐震性の高さと構造の頑丈さを実現するために、SE構法を採用しています。

他にも無印良品の家の特徴には、デザインがシンプルで洗練されているという点が挙げられます。シンプルなデザインですので、比較的低価格で住宅を購入できるのです。さらに高断熱や高気密で快適な暮らしを実現していることも無印良品の家ならではの特徴です。

そして無印良品の家では、保証期間が長くアフターサービスが充実しています。アフターサービスが整っているため、低価格でも安心して購入し、暮らせる家であるという点も押さえておきましょう。このような特徴を踏まえた上で、無印良品の家の価格について判断することが大切です。